the Drop Down Sirius

日常・一次創作・二次創作ごった煮

戸谷秀平の難儀/第2話






  言われるままに寝食(と、謠子や平田のちょっとした手伝い)を浄円寺邸でするようになって二日が経過した。

「これといった理由もなくうちには来難いだろうからね。ちょっと外ぶらぶらしてきなよ、犬も歩けば何とやらっていうし」
 朝晩問わず自室のパソコンの前で複数のモニターを見ながら忙しくキーボードを叩いている謠子が言った。その横でパイプ椅子をぎしぎしと軋ませながら座り同じくモニターを眺めていた秀平は、手を伸ばしてデスクの上にあったマグカップのコーヒーを飲む。
「でも俺ランナーだからそんなに大っぴらに外出歩けませんよ…………うわ、にっげぇ」
「勝手に飲まないでよそれ僕の」
「謠子様、その歳でこんな濃いの飲み続けてたら体どうにかなっちゃいますよ」
 秀平からカップを奪い、謠子は中を覗き込む。
「文句言う割に半分以上飲んでるじゃないか」
「苦いけど酸味少な目ですね、普通に淹れれば好きな味。俺も淹れてもらおっかな」
「外出ないの?」
「んー」
 立ち上がって椅子を片付けると、秀平は部屋を出た。
「じゃあおやつ買ってきます。ちょっとゆっくりめで行けば時間的にも丁度いいでしょ。せんぱーい、おやつ買ってきますからねー!」
 部屋から顔を出して謠子が叫ぶ。
「トダくん! ビジュ・ヴェヌスのエクレール・ノワール食べたい! 二個!」
「戸谷ですけど了解しましたー!」


 外に出た途端、気配を感じた。
 周囲を見回す。それらしい姿は見当たらないが――
(……素人だもんな、わかりやすいっちゃわかりやすい)
 少なくともここ二年近くの間に、謠子に頼まれて危ない場所に行かされたりは勿論のこと、何度も人を尾行したり逆にさせたりもしている。ときには絡まれることだってある。

 男でよかったとつくづく思う。治安の悪い場所は本当に悪い。平田という護衛がついていて自身もギフトを持つキャプターの謠子ならともかく、女の身では確実に危なかっただろうという場面も経験している。驚く程強いわけでもないが、一応柔術を道場主の祖父から習っていたことも役に立っている。個人的にはこんなことには慣れたくはなかったが、すっかり慣れてしまった。

 対象との接触はできればしたい、しかしあまり長時間外にはいられない。秀平は後ろに気を向けながらも、振り返らないように足早に謠子指定の店に向かう。
(どーしよっかなぁ……ん、)

 カツン、と乾いた軽い音。

 手を入れていた上着のポケットから落ちたそれを拾おうとすると、
「どうぞ」
 それよりも早く細い指が拾い上げ、秀平に差し出す。
「どうも」
「可愛らしいものを持ち歩いているんですね」
 件の美女・真木原知香は微笑む。母親とは違って儚げだ。
「…………妹の、です」
 パールとラインストーンで飾られた、きらきらしたヘアクリップ。妹などいないので正確には謠子のものなのだが。午前中に一緒に庭に出たときに預かったままだった。
 傷がついていないか、石が取れていないかと確かめていると、知香は一歩、距離を詰めた。
「先日、謠子ちゃんと一緒にいらした方、ですよね?」
「よくわかりましたね」
 初対面はスーツで顔が見えるように髪を整えていたが、今はシンプルな無地のシャツにロングカーディガンを羽織っただけというラフなスタイルに、髪も全く整えない伸ばしっぱなしの状態だ。寝癖までついている。
「すごくきれいな顔立ちの男性だなって。印象深かったものですから」
「いや、この前髪の長さでよく顔までわかったなって思いまして」
 鎌をかけてみる。
 しかし、
「何か、独特の雰囲気、というか……上手く言えないんですけど、ふふ、おかしいですよね私。何言ってるんだろ」
「独特」
 苦笑いが漏れる。怯えているわけではないが、確かにランナーゆえに自然と気を張っているところはあるのかもしれない。
 と、知香は更にもう一歩距離を詰めると、少し俯きながら小さく言った。
「貴方は、狙われています」
「は?」
「できるだけ、うちの周辺には近寄らない方がいいです。くれぐれも気を付けて下さい。一人で行動しないで。夜は特に危険です」
 どういうことなのか、と問おうとしたが、ぺこりと頭を下げた知香はそのまま小走りで去っていってしまった。

 呆気に取られる――彼女は疑われる側ではなかったか?

(逆に罠って可能性も……でもなぁ)

 注意を自分に向けるにしては、慣れていないようだった。あれが本当に男を十一人も消し去ってしまった人間のすることだろうか?

 そのまま考えていると、スマートフォンが振動した。はっとしてポケットから出すと、メッセージが一件。
「減塩昆布醤油? ……金足りるかなぁ。とりあえずエクレア優先でいいか」
 優先順位は謠子様、呟いて秀平は再度店のある通りへ歩き始めた。


 「だからって俺の分一個しかねえとか一体どんな了見だ」
 不満そうに持ったエクレアを見つめる平田に、二個目を手に取った秀平はきょとんとした。大きなデスクに何台も並ぶパソコン、資料ファイルと本のぎっちり詰まった書棚に囲まれた謠子の私室は薄暗い。何故かおやつは明るく広々とした居間よりもこの部屋で食べることが多い。テーブル代わりのキャビネットの上はコーヒーの入ったカップが三つと買ってきたエクレアの箱で目一杯、その小さなスペースをパイプ椅子に座った成人した男が二人とオフィスチェアに座る十一歳の少女が囲むという奇妙な絵面だ。
「珍しい、そんなに食いたかったですか。先輩和菓子派でしょ」
「そーだけどさー! ヴェヌスのエクレア久々だったしー! 俺も二つ食べたかったしー!」
「手持ちの金がなかったんだからしょーがねえじゃねーですか。ノー醤油のお浸しなんて俺も御免ですしヴェヌスのお値段設定が悪い」
 はい、と半分に千切ったエクレアを平田の口の中に押し込む。
「本当にきみたちは仲がいいな」
 謠子が一笑すると、食べたがっていた割にはあっさりとコーヒーで流し込んだ平田は、手に持ったままだった自分の分け前のエクレアも二口で食べ切り、更にコーヒーを啜る。
「トダが女だったら嫁にしてもよかった」
「そうですね、玉の輿なら俺も考えなくもないですが残念ながら俺は男ですし戸谷ですよ。……で、まぁ、そういうことがあったわけですが」
 秀平は知香に会ったこと、言われたことを二人に話していた。謠子は余程嬉しかったのか、秀平の話を聞いている間に既に好物をぺろっと平らげている。
「確かに知香さんが失踪者を消した犯人とは断定しきれない、けど……それにしてもよく思い付いたね、わざと髪留め落とすなんて」
「たまたま持ってたのが運がよかったというか」
 秀平は立ってデスクの上のウェットティッシュで手を拭き、謠子の髪をヘアクリップで留めた。
「一応傷とか確認はしましたけど、落としちゃったんで壊れてたら弁償しますね。これパール本物でしょ」
「いいよ別に、元々長く使ってるからいつ壊れたっておかしくない。ね、平田くん」
「それよか昨日買った服に合わせるゴムかピンこさえてくれや。可愛いやつな」
「赤系のワンピでしたっけ、明日材料調達しますからお金下さい。醤油代も」
「後でな」
 平田は立ち上がると、
「もっぺん知香ちゃん周辺の人間関係洗ってみるか。……てェか、そもそもこの事件の情報もらった時期っていつよ、去年の暮れぐらいじゃなかったか? ちょいとしっつれーい」
 いつも謠子がメインで使っているパソコンの前で中腰になりキーボードを叩いた。謠子が慌てて振り返る。
「ちょっと、閉じないでよ! それまだ途中なんだけど!」
「いいじゃんどうせ急ぎじゃねえだろ、謠子様なら最初っからやり直すんでもすぐ出来ちゃうって」
 謠子の頬がぷく、と膨れる。
「じゃあまず真木原宝飾店の取引データ出して」
「三十秒ちょーだい」
「二十秒でやって。簡単でしょ」
「こンの~鬼の子め~」
 袖を捲り、よーいどん、と独白してタイピングを始める。素早い、なんていうレベルではない。たん、と最後のエンターキーを押すまで十五秒とかからなかった。傍らに置いてあるデジタル時計を見ていた謠子は満足そうだ。
「ふふ、流石だね。余裕じゃないか」
「舐めてもらっちゃ困るなお嬢ちゃん、おっさんこれでも現役だぜ? …………うん?」
「何?」
 謠子が覗き込む。秀平も平田を挟んだ謠子の反対側から画面を見た。
「どうしました?」
「こいつ、前に調査資料見たとき載ってなかったよな」
 真木原宝飾店が取引している卸売業者の一つをマウスで選択する。

 安河 元宣

 それを秀平が読み上げる。
「ヤスカワ……モト……ノブ? ですかね? 社名……じゃなくて、個人名?」
 他の取引先は社名なのに、個人名と思しきこれだけが浮いている。
「僕の記憶が確かなら、安河という宝飾関係の問屋は少なくともこのあたりには存在しない」
 謠子の言に思うところでもあるのか、平田は自分の座っていたパイプ椅子をデスクの前に持ってきて、再度キーボードの上で指を走らせる。
「どこにもねえじゃん安河なんて宝石問屋。じゃあこいつは何なんだ、個人でやってんのか? って話なんだ、け、ど……結構な頻度で真木原宝飾店に出入りしてるな。大、体、……二年前……最近データ上書きされてるじゃねえかこれ」
「情報提供した後に書き換えたかな」
 謠子は平田の袖を摘んで引く。
「銀行。口座。別名義の可能性もあるから三分」
「ねぇ謠子様何で無駄にそんな無茶振りすんの五分ぐらい頂戴よ緊急じゃないじゃん」
「しょうがないな、二分待つよ」
「何で短くなってんの!」
 しかし平田は、
「はい、多分これ」
 二分とかからず、いとも簡単に割り出した。秀平は素直に感心する。
「何度見ても惚れ惚れする腕前ですね、顔に似合わず」
「まぁ本業こっちだからな、って何だよ『顔に似合わず』ってどういう意味だこら」
 いい歳をした男二人のやりとりを完全に無視した謠子が画面に表示されている銀行口座を確認する。
「ちょっとした金額を頻繁に出し入れしてるね。何だろう、動きが多すぎる……一人でやってる感じじゃないな。カードを二人以上で共有してATMを使って預け入れと引き出しを繰り返しているような……それでいて残高は少しずつ増加、貯めてはいるのか」
「謠子様、そろそろ閉じねえとヤバい」
「もうちょっとじっくり見ていろいろ確認したいなぁ。一応全部コピー、あとスクショ撮ってプリント。穴も開けといて」
「ほんっと無茶言うねェお嬢様よォ、いつものことだけど」
 平田に作業を任せると、
「二年。謎の宝石問屋。妙な金回り。男性の失踪。知香さんの挙動」
 上を向きチェアをくるくると回転させながら謠子は呟き思案する。秀平が傍に立ってその回転を止める。
「目ぇ回っちゃいますよ謠子様」
「トダくん。これ全部繋がると思う?」
 緑色の目が真っ直ぐ秀平を見る。
「どう、なんでしょうね。戸谷ですけど」
「もしかしたら、予想以上に危険な目に遭わせてしまうかもしれない」
「えぇー……って言ってもやらせるんでしょどうせ」
「ごめん。でも僕は、トダくんを信じているんだよ」
「信頼してもらって嬉しいですけど戸谷です」
 謠子の前髪を上げ、額をぺちぺちと軽く叩く。
「いいんですよ、好きに使ってくれて。俺、貴女の下で動くこと自体は嫌いじゃないです」
 はは、と謠子が笑う。
「父親もキャプターだもんね、案外そういうの向いてるんじゃない?」
「父ちゃんみたいなずっと施設暮らしの単身赴任のお役人とか向いてるわけないじゃないですか。それとも謠子様、婿さんにしてくれます?」
「あっはっは。五年経ったら考えてもいいよ、でもその前にキャプターになっておいで。何なら口添えしてあげてもいい」
「いーやでーす」
 プリントアウトした紙を謠子に差し出す平田が秀平に容赦ないデコピンを炸裂させた。
「ふざけんなよ誰がお前なんか認めるか」
「いってーなたった今破談になったのに何しやがるんですかこのインテリヤクザ執事」
「あぁ!?」
「ちょっと、そこ、喧嘩するなら庭でやってうるさい」
 今にも取っ組み合いが始まりそうなのを尻目に謠子は渡された新しい資料――先程画面で見ていたものだが――を改めてを眺める。
「前に見た資料もちゃんと見直す方がよさそうだ。平田くん、書類出しといてくれる? トダくんは、そうだなぁ、とりあえずもう一回知香さんと接触してみようか」
「はぁい」
「戸谷ですけど頑張ってみます」
 少女に言われた大人二人は途端におとなしくなった。



     <つづく>



------------------------------


 風呂敷広がってる?

 大丈夫ですちゃんと回収されます



拍手

コメント

中の人

HN:
半井
性別:
女性
職業:
ごはんをつくるヒキコモリ
趣味:
なんかかくこと
自己紹介:
チーズと鶏肉でホイホイ釣られるチョコミン党員しょうゆ厨
原産:駿河国
生息:伊賀国

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[03/28 るん]
[11/22 アサルト]
[08/04 アカアオ]
[01/13 れぃす]
[07/07 ぜっさんはつばいt(ry]

ついったん

アクセス解析