the Drop Down Sirius

日常・一次創作・二次創作ごった煮

入院日記(序)



 どうもこんにゃくちくわ 中の人・半井です


 えー。


 実は10年前、私は卵巣嚢腫というやつを患い、手術を致しまして、現在は再発もなく割と元気に過ごしています

 その病気が発覚した経緯とか、入退院するまでの間にもちょこちょこいろいろあったんですが、当時書いていたブログにはそんなに詳細は書いてなかったように思います

 んで、最近そのブログに掲載していた入院日記の画像を発見したので、丁度術後10周年という節目もあり、当時書かなかったことなどを付け足して書いていこうかなと

 あくまで当事者視点での、「私の場合はこうだったよ」というものですが、何となくでも卵巣嚢腫のことを知っていただければ幸いです






 その頃私は病んでいました

 といっても今回書くことになった卵巣嚢腫ではなく精神的なもので、何故か通院するという考えまで至らずにいましたが、鬱に片足突っ込んでたような状況だったと思います

 それで両親に頼み込んで通っていた大学を辞め、「暇なら金は出してやる、運転免許でも取ってこい AT限定じゃなくてMTな」という父の勧めで家から程近い教習所に通ったり、丁度私が一人暮らししていたところから実家に戻った頃に何故か飼い始めた犬の世話をしたり、落ち着いたらアルバイトでも探そうとだらだら暮らしていました


 のんびりした時間を過ごしていましたが、それでも精神的に完全に立ち戻ることは難しかったです

 というのは、両親の不仲が原因でした


 両親は私が大学に入って間もない頃に離婚するだのしないだのと騒ぎ、以来数年間我々姉妹の精神HPをゴリゴリ削ってくれやがりましたが、私が実家に戻るのとほぼ同時期に姉が嫁いだことによりその負担が一気に私に圧し掛かってきたのです


 両親はそれぞれ、以前にも増して私に接するようになってきました

 それがプレッシャーとなり、以来その家から引っ越すことになる2年程の間、私は板挟み状態になります


 立ち直りたくて帰ってきたのになぁ


 ストレスでしかありませんでした



 そして数ヵ月後の年明け、そのときはやってきました



 ある夜、胃がものすごく痛くなりました

 子どもの頃から胃痛はよく起こっていて、14歳のときに検査した際に「少し胃下垂気味で荒れてるだけで特に問題なし」と言われていたので精神的なものだろうということで何年も市販の胃薬でやり過ごしてきていましたが、そのときの胃痛は尋常ではなく、薬も全く効かずに文字通りに床を転げながらのた打ち回りました

 母に必死に訴えてもなかなか取り合ってもらえず、数時間激痛に耐え、ようやく眠れたと思ったらすぐに目が覚め、目が覚めればまた痛む

 それを繰り返し朝になり、「ずっと痛いのはおかしい」とようやく父が心配し始め、母が行きつけの病院に電話を入れてくれたところ、「市立病院の方が設備も整っているから」と薦められたので、寝巻きのまま車に乗って病院へ

 立って歩くのもままならない状態だったので、車椅子に乗せられ、採血と尿検査、そしてCT検査をした結果、



 胃には全く異常はなく、卵巣に腫瘍がある



 と。



 そう告げられたとき、私は痛み止めの点滴を受けながらベッドに仰向けになっていました

 何時間も眠れていなかったこともあり、睡眠不足でものすごく眠くて、うつらうつらしながらではありましたが、頭の中ははっきりしていて、でもやっぱりどこかぼんやりしていたのか、


「腫瘍……へぇー」


 
と ごく冷静に、かつ間抜けに返したのを覚えています


 そのとき両親はベッドの近くにいて、椅子に座った母が私の手を握っていて泣きそうな顔をしていました

 後から聞いたところによると、まだそのときは良性腫瘍と判明していなくてただ「卵巣に腫瘍がある」とだけ聞かされて、私が死ぬんじゃないかと思ったそうです

 その後点滴が終わるまで寝かせてもらい、点滴が終わった後後日また検査が必要なこと、入院と手術が必要だろうことを説明され、検査の為の予約を入れて帰宅しました

 不思議なことに、病気が発覚した後また胃痛になることはアルバイトを始めるまでありませんでした

 病名と患部を知ることで体が安心したのかもしれません





 それから、

 教習所に通いながら父に車を出してもらい通院し、

 免許を取ったら自分で車を運転しながら通院し、

 その夏に父方の伯母の家の周りに住み着いていた子猫を譲り受け、

 秋に入院・手術をすることになりました。





------------------------------


 とりあえず、病気の発覚前後はこんな感じです

 明日から絵日記+αの掲載になります






拍手

コメント

中の人

HN:
半井
性別:
女性
職業:
ごはんをつくるヒキコモリ
趣味:
なんかかくこと
自己紹介:
チーズと鶏肉でホイホイ釣られるチョコミン党員しょうゆ厨
原産:駿河国
生息:伊賀国

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

[03/28 るん]
[11/22 アサルト]
[08/04 アカアオ]
[01/13 れぃす]
[07/07 ぜっさんはつばいt(ry]

ついったん

アクセス解析